キャリアアップしたい女性向け!目的別の業界や押さえておくべきポイントを紹介

キャリアアップ 女性

女性がキャリアアップできる業界とは?」

「女性がキャリアアップするためには、何が必要?」

このようにキャリアアップを目指している女性は、さまざまな悩みを抱えているものです。

出産や家事・育児などのライフイベントがある中で、女性がキャリアアップを実現するのは大変なことです。

本記事では、女性がキャリアアップできる業界や、キャリアアップするために押さえておくべきポイントなどを紹介します。

キャリアアップ計画の立て方についても触れているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

女性がキャリアアップを目指す上で悩むこととは?

なぜ人生がハードモードなのか考える少年

キャリアアップを目指す女性がぶつかる壁とは、どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、女性がキャリアアップを目指す上で悩むことを3つ紹介します。

【女性がキャリアアップを目指す上で悩むこと】

  1. 男性と比較して給与が低い
  2. 周りに理想とするキャリアアップを実現している女性がいない
  3. ライフイベントとのバランスが取れない

①男性と比較して給与が低い

女性の給与は、男性と比較して低い傾向にあります。なぜなら、管理職などの役職に就いているのは、圧倒的に男性が多く、女性が少ないからです。

女性の場合、結婚や出産をきっかけに育児休暇を取ることが多いため、管理職のポストに穴が空いてしまいます

このような問題が懸念(けねん)され、女性はなかなか管理職に選ばれません。

また、勤続年数の違い手当の有無なども理由として挙げられます。

しかし、2010年8月に、厚生労働省が男女の賃金格差を解消するためのガイドラインを発表しています。

具体的な対策や支援内容が気になる方は、参考にしてください。

②周りに理想とするキャリアアップを実現している女性がいない

周りに理想とするキャリアアップを実現している女性がいないと、「女性のキャリアアップは叶わない未来なのかもしれない…」と悩む女性もいます。

この場合、女性に限定せずに、上司や同僚、部下など周りでキャリアアップを実現している人を観察してみてください。

新たな資格を取得して仕事の幅を広げている人や、育児休暇から復帰して間もなく活躍している人など、自分の理想とするキャリアアップを実現するために細かくチェックしてみましょう。

③ライフイベントとのバランスが取れない

女性がキャリアアップを実現するためには、結婚や出産などのライフイベントと仕事を両立させなければなりません。

家事や育児をしながらフルタイムで働くことが難しい場合は、時短勤務ができるかどうかを会社に確認してください。

また、パートナーとの協力なしには、女性のキャリアアップは実現できないと考えておきましょう。

女性がキャリアアップできる業界6選

女性が職場で活躍している様子

ここでは、女性がキャリアアップできる業界6選を紹介します。

【女性がキャリアアップできる業界6選】

キャリアアップしやすい業界医療・福祉業界
金融・保険業界
卸売業・小売業
宿泊業・飲食サービス業
家事・育児と仕事の両立を図れる業界メディカル業界
メーカー業界
女性が役職に就いて活躍できる業界医療・福祉業界
卸売業・小売業
金融・保険業界

どんな女性でもキャリアアップしやすい業界

どんな女性でもキャリアアップしやすい業界としては、医療・福祉業界金融・保険業界が挙げられます。

これらの業界は、全体として女性社員が多い傾向にあり、女性でも高い役職を目指せると言えるでしょう。

このほか、卸売業・小売業宿泊業・飲食サービス業なども、女性がキャリアアップしやすい業界です。

販売や接客をメインとする業界では、美しい立居振る舞いや所作が身に付くビジネスマナーを学ぶことで、キャリアアップが実現する可能性が高まります。

家事・育児と仕事の両立を図れる業界

家事・育児と仕事の両立を図れる業界は、メディカル業界メーカー業界です。

これらの業界は、残業する時間が少ない傾向にあり、休暇も多く設けられているからです。

家事と仕事の時間をはっきりと分けられるため、どちらも充実させながらキャリアアップを図れるのです。

また、会社の福利厚生勤務地を確認しておくことも大切です。

育児に専念したい場合は育児休暇の日数をチェックしたり、家事の時間を捻出したい場合は転勤や異動の有無を確かめたりしてください。

女性が役職に就いて活躍できる業界

どんな女性でもキャリアアップしやすい業界と同様、医療・福祉業界卸売業・小売業、金融・保険業界は、女性が役職に就いて活躍できる業界と言えます。

これらの業界は女性社員の割合が高いことから、女性が働きやすい環境が整えられているのもポイントです。

課長や部長として活躍する女性が多く、理想的なキャリアアップを望めるでしょう。

キャリアアップしたい女性が押さえておくべき3つのポイント

ここでは、キャリアアップしたい女性が押さえておくべき3つのポイントを紹介します。

【キャリアアップしたい女性が押さえておくべき3つのポイント】

①理想と現実のギャップを洗い出す

まず、キャリアアップするための理想的なプランを思い描きましょう。

役職に就いて収入を上げることや、家事と仕事の両立を図ることなど、理想像は人それぞれです。

そして、今の自分はどんな能力やスキルを持っていて、どんな仕事ができるのかを考えてください。

このような理想と現実のギャップを洗い出す作業は、キャリアアップするために必要な工程になります。

②「理想の自分」になるために必要なことを整理する

理想と現実のギャップを洗い出したら、そのギャップを埋めるために必要なことを整理しましょう。

「理想の自分」が、今より高い収入で生活水準を上げている姿なら、管理職に就くためにキャリアを積んだり専門的なスキルを磨いたりする必要があるでしょう。

また、結婚や出産など、さまざまなライフイベントを視野に入れておくことも重要です。

「子供が生まれるから、養育費が必要だ」「何年後には、子供の大学費用が必要になる」など、具体的な未来を想像することで、今何をすべきかが見えてきます。

③恋人や夫に共有して理解を得る

女性がキャリアアップを目指す上で、転職する場合資格取得のための勉強時間を確保する場合など、実際の行動に移すには、パートナーの理解や協力は必要不可欠と言えるでしょう。

なりたい自分明確なキャリアアップ計画などを恋人や夫と共有し、理解を得ることで、キャリアアップを実現できる確率がさらに高まります。

女性がキャリアアップ計画を立てる上で気をつけたいこと

女性のキャリアアップで気を付ける事

女性がキャリアアップ計画を立てる上で、あまりにも理想が高い夢や目標を設定するのは控えましょう

というのも、理想が高すぎるキャリアアップ計画は実現できる可能性が低いため、モチベーションの低下につながりかねないからです。

したがって、自分が叶えられそうなキャリアアップ計画を立てることが大切です。

また、3年後・5年後・10年後など、段階的な目標を設定するのもおすすめです。

少しずつ目標をクリアすることで、自分の成長を感じながらキャリアアップを実現できます。

まとめ

キャリアを活かして働く女性

本記事では、女性がキャリアアップできる業界6選や、キャリアアップしたい女性が押さえておくべき3つのポイントなどについて紹介しました。

キャリアアップしたいなら、まずは「理想の自分」を明確にしましょう

そして、理想の自分になるために足りない部分を洗い出します

最後に、足りない部分を補うために必要なことを考え、行動に移してみてください。

キャリアアップや転職をサポートするキャリドラなら、キャリアアップするための道標をわかりやすく示してくれます。

「何から始めればいいかわからない…」という方は、ぜひキャリドラに相談してみてはいかがでしょうか?

\ 転職 ✖ 年収アップ /

キャリドラは、あなたの市場価値を高め『転職 ✖ 年収UP』をサポートします!

  1. 仕事はこのままでいいか不安
  2. 現状の年収では将来が心配
  3. 転職したいが自分の市場価値が分からず悩んでいる

下記に当てはまる方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる