働かずに生きるのは可能?働かずに生きるリスクや方法を解説!

働かずに生きる

毎日の仕事に追われる中で、つい「働かない生活がしたいな」と感じる人は少なくありません。中には、会社員以外の生き方や、仕事をしないで生きる方法を実際に模索する人もいるでしょう。

そこで今回は、働かないで生きたいと感じる理由や、働かないで生きる事の実態、働きたくないと感じる人にお薦めの生き方について紹介します。

目次

「働かないで生きたい」と考える3つの理由とは?

「働かないで生きたい」と考える3つの理由とは?

まずは、どうして「働かないで生きたい」と考えてしまうのか、その理由を明確にしてみましょう。仕事自体が嫌なのか、仕事にまつわる別の要素が嫌なのか、理由は人によって様々です。働かない選択をする前に、自身の気持ちや考えを見つめ直してみましょう。

1.時間の自由がないと感じる

まず考えられるのは、「時間の自由が確保できない」という思いが蓄積している可能性です。

例えば、企業で会社員として働く場合、就業規則によりますが少なくとも8時間は職場で仕事をしなければなりません。就業時間以外にも、会社と自宅の距離が遠い場合は通勤時間もかかるでしょう。

趣味やレジャー、人との交流等、仕事以外に時間を使いたい人にとって、1日の大半を仕事に費やさなければならないのは、苦痛に感じやすいと言えます。

2.対人関係が億劫に感じる

仕事上での「対人関係」に対して苦手意識がある、もしくは対応できても億劫に感じてしまう人も、働く事が負担になりやすい可能性があります。

会社員として働くと、職場や社外で様々な人と関わるのが必須です。その中には、苦手な人や相性の合わない人、仕事の価値観が異なる人も少なくないでしょう。また、会社での付き合いから飲み会に誘われ参加しなければならない等、社外でも関係を持つよう促されるケースもゼロではありません。

そのような付き合いが苦手な人や個人主義の人にとって、対人関係が欠かせない仕事は辛いと感じやすくなります。

3.人から指示をされて動くのが嫌

働きたくないと感じる理由に、「人に指示されるのが苦手」を上げる人は少なくありません。

難しい仕事を指示されると、人によっては業務への重圧や苦手意識を感じてしまいがちです。その他にも、仕事自体の難易度は高くなくても、指示が曖昧で分からない場合や、指示に従うと却って支障が出てしまう場合も、指示を受ける側の負担に繋がります。

「自由に仕事がしたいのにできない」という気持ちが蓄積する事で、仕事そのものが億劫になってしまうのです。

「働かずに生きる」事は本当にできるの?

「働かずに生きる」事は本当にできるのか?

「働かずに生きる」事は、本当に可能なのでしょうか?

結論から言うと、一部のケースを除き大多数の人は不可能に近いと考えるべきです。ここからは、なぜ働かずに生きるのが難しいのか、その理由を解説します。

20代や30代では難易度が高い

まず、20~30代の場合は、他の年代に比べて特に難易度が高い傾向にあります。その理由は、貯金額不足や将来への不安にあります。

20代や30代はその先の人生が長く、しっかり貯金していたとしても、仕事を辞めてから数年先、数十年先を生きるための貯金額としては心配な額と言えます。

また、長い人生の中では、結婚や出産といったライフステージの変化や、思わぬ事故や病気によってお金が必要になる場面も多いでしょう。そういった将来への不安から、再び働く生活に戻ってしまう人が多いのです。

莫大な貯金が必要になる

「この先一生働かない」という選択をするのであれば、とにかく莫大な額の貯金が必要になるでしょう。お金が無くては、いずれ生活が破綻してしまうためです。

その時の社会情勢によっても異なりますが、働かずに生きるためには40代で約5000万円以上の貯蓄が必要とされています。もし家族がいたり何らかの持病があれば、それ以上の額がかかる場合もあるでしょう。

5000万円を貯めるには、年収1千万等の高収入の仕事を10年以上続けてやっと到達できるという試算もあります。従って、働かないために莫大な貯金を用意するのは至難であると言えるのです。

「将来への不安」に耐えられない可能性がある

先ほども説明しましたが、若い年代は特に「将来の不安」に耐えきれず、働く生活に戻ってしまうケースが多いものです。しかしこれは、どの年代でも言える事なのです。

若い世代であれば結婚、出産、子育てといったライフステージの変化、中~高齢世代であれば突然の病気や家族のトラブルなど、不安は挙げればキリがありません。

そのような不安に耐えかねて「これなら細々とでも働き続けた方が安心」と、「働かない生活」を自ら諦めてしまうのです。

働かない生き方で生じるリスクとは

仕事を何も言わずにバックレようとしているリスクある行動

できる・できないに関わらず、働かない生き方には、主に2つのリスクが生じる可能性があります。

まず1つ目のリスクは、「社会的な信用が下がってしまう可能性がある」点です。働くというのは、お金を稼ぐという手段だけでなく、社会に貢献する活動でもあるためです。

また、社会的信用はクレジットカードの作成やローンを組む時に重要となります。信用度によっては審査が通らない点が、「働かない生き方」における大きなリスクとなり得ます。

そして2つ目のリスクは、「人と関わらない生活により、生きる事そのものに飽きてしまう」可能性です。

人とのコミュニケーションは、時に煩わしくも、生活にハリが出るものです。仕事をせず周囲との関わりが希薄になる事で、面白味が無くなったと感じ、生活に飽きてしまう恐れがあります。

4つの「無理をしない働き方」「楽な働き方」で生きていける方法を解説

4つの「無理をしない働き方」「楽な働き方」で生きていける方法

「働かない生き方が無理なら、一体どうすればいいのか」と考える人もいるでしょう。働かない生き方に固執するのではなく、「無理をしない働き方」、「楽な働き方」を実現する方法を試してみるのがお薦めです。ここでは、その方法を4つ解説します。

1.生活のコストを下げ、節約する

まずは、節約によって生活のコストを下げてみましょう。生活費を減らす事で、お金を稼ぐために必要な仕事の時間を短くできる可能性があります。

例えば、家賃が高いなら安い所やシェアハウスに引っ越す、水道光熱費の見直し、食費が高いなら外食を減らし自炊する等を検討してみましょう。

1つ1つの節約は些細でも、まとまるとかなりの金額になるものです。生活コストが下がれば、ハードな仕事で無理にお金を稼ぐ必要がなくなります。

2.不労所得を得られる仕事を探す

不労所得が得られる手段や仕事を探すのも、楽に生きるためにはお薦めの方法です。

一例ですが、株式や不動産投資、文章が書けるならばブログを書いてアフィリエイトを活用する手段もあります。また、動画サイト等で趣味や好きな事を活かして動画を投稿し、広告による収益を得るのも良いでしょう。

不労所得で得られる金額が大きくなれば、「働かない生活」に近づける可能性もあるでしょう。

3.自分が負担に感じない仕事や働き方を見つける

人には、誰しも得意・不得意があるものです。もし不得意な仕事で余計な負担や疲労を感じているならば、自分の得意な仕事を探してみるのがお薦めです。

「好きな事をしていると時間の経過が早く辛くない」と感じた事はないでしょうか。自分の好きな事を軸に仕事を選ぶ事で、これまでと同じ時間働いたとしても、楽しく、苦にならずに続けられるかもしれません。

「仕事が楽しい」と感じながら取り組めば、これまでよりも楽に日々を過ごせるでしょう。

4.生活コストがかからない国に海外移住するのも手段の1つ

もし、仕事の内容や住む場所だけでなく、住む国にもこだわりがなければ、生活コストがかからない海外に移住するのも有効です。物価が安い国日本人が暮らしやすい国に住めば、生活コストが下がるだけでなく新鮮な体験ができ楽しく過ごせるかもしれません。

例えば、住居は海外に移し、仕事は日本のリモートでできる仕事をし報酬を得る事で、日本では心もとない収入でも、その国では何不自由なく暮らせる可能性が高いでしょう。

生活コストを下げる以外に、海外移住に興味のある人にお薦めの手段と言えます。

「何故働きたくないと感じるのか」を考えると、働かずに生きる以外の選択肢が見つかる可能性も

休みの連絡を入れあぐねている男性

「この先一切働かずに生きる」のが現実的ではないというのは、ここまで説明した通りです。40代以降ならまだしも、もっと下の世代なら尚更困難と考えられます。

大切なのは、「働かない方法」を無理に探すのではなく、「何故働きたくないと感じるのか」、その原因を見つける事です。労働環境や仕事が合っていなければ、仕事が辛いと感じてしまうのは当然です。

従って、もし原因が今の仕事にあるならば、会社を辞めてそれ以降は働かない、ではなく働く場所を変えてみる選択肢を検討するのがお薦めです。働かずに生きる以外の道が見つかる可能性が高いでしょう。

まとめ

「働かずに生きられたら」と感じるのは、誰しも1度はある事です。ただ、頻繁にそう考えてしまう場合は、その原因を見つめ直す事が大切です。原因や理由を知る事で、別の選択肢が見えてくるでしょう。

そして、もし現在あなたが「働かずに生きたい」と感じているならば、まずはキャリドラにその気持ちを相談してみませんか?キャリドラは、仕事についてのあらゆる悩みに寄り添いサポートします。キャリドラの活用で、新たな選択肢を見つけるきっかけになるかもしれません。

\ 転職 ✖ 年収アップ /

キャリドラは、あなたの市場価値を高め『転職 ✖ 年収UP』をサポートします!

  1. 仕事はこのままでいいか不安
  2. 現状の年収では将来が心配
  3. 転職したいが自分の市場価値が分からず悩んでいる

下記に当てはまる方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる