理想のキャリアアップを実現するための考え方とは?大切な3つのポイントも紹介

キャリア アップ 考え方

「望んでいるキャリアアップを叶えられるか不安…」

「キャリアアップするなら、今の職場?転職?」

このように、キャリアアップを考える上で、不安や悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

キャリアアップに対する考え方は正しいのかどうか、気になるところです。

本記事では、キャリアアップを叶える考え方や、社内外でキャリアアップするメリット・デメリットなどを紹介します。

キャリアアップの考え方がいまいちわからないという方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

目次

キャリアアップとは?

自分にできる仕事がわからない

キャリアアップとは、仕事におけるスキルを高めて経験を積み、自分の市場価値を上げることです。

自分が望むキャリアアップを叶えることによって、会社に利益を生み、社会に貢献することを意味します。

キャリアアップのイメージは十人十色ですが、例としては一般社員から主任クラスに昇格することや、専門的な資格を取得して仕事の幅を広げることなどが挙げられます。

キャリアアップとスキルアップの違い

スキルアップとキャリアアップの違い

キャリアアップとよく似ているスキルアップという単語には、どのような違いがあるのでしょうか?

キャリアアップとスキルアップは、意味は違えどかなり近い存在と言えます。

スキルアップは、技能を向上させることです。

キャリアアップを叶えるためには、スキルを高めてあらゆる知識・知見を広げる必要があります

つまり、キャリアアップするためにはスキルアップが必要不可欠であり、スキルアップすることでキャリアアップが望めると言い換えられるでしょう。

社内でキャリアアップを実現するメリット・デメリット

メリットとデメリット

ここでは、転職せず、今の職場でキャリアアップしたい方に向けて、社内でキャリアアップするメリット・デメリットを紹介します。

メリット

社内でキャリアアップする場合、入社後から今までの間に築いてきた人間関係によって、周りの応援や協力を得られる可能性があります。

また、今の職場の雰囲気や風通し、経営方針を十分理解しているので、効率的にキャリアアップできるでしょう。

デメリット

仮に、自分が望むキャリアアップが昇格の場合、課長や部長などのポストが空かなければ昇格は困難です。

また、会社の昇級制度が年功序列なら、キャリアアップするまでにかなりの時間がかかります

社外でキャリアアップを実現するメリット・デメリット

メリットとデメリット2

続いて、転職を経てキャリアアップしたい方に向けて、社外でキャリアアップするメリット・デメリットを紹介します。

メリット

社会人としての経験を積んでいることから、より具体的な自己分析が可能です。

そのため、自分が生かせるスキルを理解した上で、しっかりと活躍できる場を自由に選べることがメリットと言えます。

転職時に自分の市場価値を明確にアピールできることは、大きな強みになるでしょう。

また、今までと異なる業界に挑戦して広い視野を持てることも、転職してキャリアアップする利点になります。

デメリット

転職してキャリアアップする場合、実績や人間関係などを一からやり直さなければなりません

そのため、キャリアアップするまでの道のりが長くなると、留意しておきましょう。

優れた資格を保有しており、即戦力として大きな業績を残せる場合は問題ありませんが、未知の業界に知識がないままチャレンジするなら、多くの時間と労力がかかる可能性があります。

理想のキャリアアップを考えるときに大切な3つのポイント

できる仕事がないと悩む人の3つの特徴

次は、キャリアアップの考え方における3つのポイントをチェックしていきましょう。

【理想のキャリアアップを考えるときに大切な3つのポイント】

  1. 資格を取得するなら優先順位を決める
  2. 自分の市場価値を高める
  3. 視野を広げてたくさんの選択肢を持つ

①資格を取得するなら優先順位を決める

キャリアアップする上で資格を取得するなら、優先順位を決めましょう。

というのも、今の仕事や転職先の業界で必要性の低い資格を取得しても、そのスキルを発揮する場面がないからです。

外資系企業ならTOEFL日商ビジネス英語、保険や金融業界ならファイナンシャルプランナー公認会計士など、実用性の高い資格から取得することをおすすめします。

②自分の市場価値を高める

キャリアアップするなら、自分の市場価値を高めることも重要です。

ただ資格を取得したり、知識・知見を深めたりするだけでは意味がありません。

市場価値は、スキルを現場で生かして、実務経験を積み重ねていくことで高まります。

キャリアを積む際は「この経験はどんな業界で役に立つだろうか?」といったことを考えておくと、キャリアアップを想像しやすくなるでしょう。

③視野を広げてたくさんの選択肢を持つ

キャリアアップを考えるときは、「なりたい自分」の候補をいくつか挙げておきましょう。

たとえ合格率の低い資格を取得したとしても、幅広い分野の業務に携わってキャリアを積んだとしても、キャリアアップできる保証はありません

このように、最悪の場合の保険を考えておくことで、モチベーションを下げることなく別のキャリアアップの道に進めます。

たくさんの選択肢を用意しておけば、キャリアアップしていく中で行き詰まることはないでしょう。

理想のキャリアアップを実現させる方法

自分が思い描くキャリアアップを叶える具体的な方法は、以下のような手順で考えることをおすすめします。

①理想の自分を考える

はじめに、キャリアアップして成功した理想の自分を想像します。

今の職場でキャリアを積みながら資格を取得して起業するなど、人によっていろいろな夢や目標があるでしょう。

このとき、目標を段階的に設定することがポイントです。

3年後の姿や、5年後に達成しておきたい夢など、細かく分けて想像してください。

そうすることで、定期的に目標の見直しができ、キャリアアップまでの進捗具合も分析できます

②理想と現実のギャップを明確化する

次に、自分が望む姿と今の自分を比較して、ギャップを見つけます。

管理職に就く目標なら、実務経験が足りないのか、知識が足りないのかなどを精査しましょう

ギャップを明確化すると、キャリアアップするために足りないものや必要なことが理解できるようになります

③ギャップを埋めるための策を立てる

最後に、ギャップをカバーするための策を立て、行動に移します。

例えば、介護職で昇格したい場合、まずは介護職員初任者研修の資格が必要です。

資格を取得するためには、スクールで勉強する必要があるのか、実務経験が必要なのか、時間や費用はどれくらいかかるのかなどをチェックしていきましょう。

段階的に設定した目標から逆算して、いつから何に取り組むべきなのかがわかれば、キャリアアップへの道のりが明らかになります。

理想のキャリアアップを実現したいならプロを頼るべき

キャリアアップのための転職

望んでいるキャリアアップを叶える方法について述べましたが、キャリアアップの成功率を上げるならプロを頼るべきです

というのも、一人でキャリアアップを考えると、どうしても思考が偏ってしまいます

特に市場価値に関しては、プロに見極めてもらうほうが確実であり賢明な判断です。

プロなら、さまざまな業界の知識を持っており、より詳しくタイムリーな情報を提供してくれます。

自分が考えたキャリアアップも、他者に話すことで実現する可能性がグッと上がるでしょう

まとめ

キャリアアップについてのまとめ

キャリアアップの考え方として大切なポイントは、自分の市場価値を把握して、あらゆるキャリアプランを準備しておくことです。

また、資格は闇雲に取得せず、有用性の高いものからチャレンジしましょう。

そして、可能性を広げるためにも、キャリアアップは一人で考えずプロに相談してください

転職支援サービスのキャリドラは、再現性の高いキャリアアップをサポートします。

キャリアアップを成功させたい方は、ぜひ無料相談から始めてみましょう。

\ 転職 ✖ 年収アップ /

キャリドラは、あなたの市場価値を高め『転職 ✖ 年収UP』をサポートします!

  1. 仕事はこのままでいいか不安
  2. 現状の年収では将来が心配
  3. 転職したいが自分の市場価値が分からず悩んでいる

下記に当てはまる方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる