仕事でミスばかりする人の特徴とは?原因や落ち込むときの対処法を紹介!

【仕事ミスばかり】

「仕事でミスばかりして、嫌になる…」

「ミスばかりする人の特徴って、何だろう?」

このような悩みを抱えていませんか?仕事でミスすると、気持ちはどんどん落ち込むでしょう。

本記事では、そんな人の特徴をはじめ、原因や対処法などを紹介します。

本記事を読むことで、ミスを多発させる人ではなく、ミスが少ない人へ変わることができます。ミスの原因を知り、対処法を知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

なぜ仕事でミスばかりしてしまうのか?4つの原因

仕事でミスばかりする人の特徴とは?原因や落ち込むときの対処法を紹介!

自分では一生懸命取り組んでいるつもりでも、ミスを連発してしまうのはなぜでしょうか?

まずは、4つの原因を紹介します。

これらの原因に心当たりのある方もいるのではないでしょうか。それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

1.タスク管理ができていない

適切にタスク管理ができていないと、ミスが多発しやすくなります。

というのは、進捗管理ができなくなるため、期限を守れない重要なタスクが進んでいないなどのトラブルが発生するリスクがあるからです。

例えば、仕事をする中でタスクを効率的に処理できなければ、「期限がギリギリで、間に合わない!」と、時間に追われかねません。その結果、急いでタスクを処理するため、ミスが発生してしまいます

タスクを適切に割り振り、優先順位をつけて処理すれば、ミスを防ぐことが可能です。

2.再発防止に努めない

再発防止に努めないと、状況は改善されません。

失敗によって得た経験や学びを、次に活かそうと意識しなければ、同じミスをしてしまいます。そのため、原因を突き止めて具体的な解決策を講じることが大切です。

落ち込んでいるだけではなく、原因をノートに書き出すなどアクションを起こして、再発防止に努めましょう。

3.仕事内容をきちんと理解できていない

仕事内容をきちんと理解できていないと、ミスを多発する傾向にあります。

なぜなら、受け身の姿勢で指示通りにしか動いていないことが多いため、臨機応変に対応できないからです。

自分の仕事がどのような結果に繋がっているのかを考えるだけで、一つ一つの作業に意味を見出せます。このように、仕事内容を理解すれば、臨機応変に動けるようになるでしょう。

4.気持ちをうまく切り替えられない

仕事で落ち込んだとき、気持ちをうまく切り替えられないと、ネガティブな気持ちを引きずってしまうことから、更なるミスを誘発します。

例えば、「次も同じミスをしてしまったら…」と不安やプレッシャーを感じ、焦りから失敗する可能性もあります。

失敗は成功のための経験だと割り切って、自分の気持ちと上手に向き合えば、改善されるでしょう。

仕事でミスばかりしてしまう人の4つの特徴

仕事でミスばかりする2

前述した、原因に心当たりがある方は、以下の4つの特徴に当てはまっている可能性があります。

上記の特徴に当てはまっていたとしても、後ほど紹介する対処法を実践すればミスを少なくできます。

1.楽観的・悲観的すぎる

ミスをしたときに「気をつけよう」だけで済ませる方は要注意です。小さなミスでも、積み重なれば大きなミスに繋がりかねません。

一方で、失敗をズルズルと引きずる方も、ミスを多発する人の特徴として挙げられます。いつまでもくよくよしていると、仕事に本腰が入らず、ミスを連発する可能性が高いです。

楽観的・悲観的すぎることなく、心のバランスを保ちながら仕事と向き合うことが重要だと言えるでしょう。

2.自己判断で仕事をする

わからないことを聞かずに、自己判断で仕事を進める人はミスを起こしやすいです。わからないにもかかわらず、自分の思ったとおりに仕事をするのですから、仕事でミスをするのは当然の結果です。

そのため、怖い、恥ずかしいからといって、上司や同僚に質問しないのは、ミスを引き起こすリスクでしかありません。

ミスを防ぐためにも、自己判断で仕事をせずに上司の指示を仰ぐようにしましょう。

3.メモを取らない

メモを取らない人は、些細なミスを繰り返す傾向にあります。

というのは、メモを取らないと、仕事に関する詳細を忘れてしまうからです。

タスクや業務の変更点など仕事に関するメモを取ることを習慣にすると、仕事でのミスを防げます。

4.仕事に対する責任感がない

ミスを多発する人は、仕事に対する責任感がありません。

仕事に対する責任感があれば、ミスを防ごうと努力したり、反省したりするでしょう。一方、責任感がない人は、ミスをごまかして人のせいにする傾向があります。

また、仕事に対して責任感がないと業務が雑になりがちであるため、同じ過ちを繰り返してしまいます。

【決定的な違い】ミスばかりの人とミスが少ない人

シーソーに乗るミスの多い人とミスの少ない人

前章では、仕事でミスばかりしてしまう人の特徴について紹介しました。ミスを多発する人とミスが少ない人には、決定的な3つの違いがあります。

【3つの違い】

  1. 確認作業
  2. 思考回路
  3. 整理整頓

上記の決定的な違いを認識すれば、ミスの回数を減らせるようになります。それでは、一つずつ見ていきましょう。

1.確認作業

仕事でミスが少ない人は、確認作業を入念に行います。というのも丁寧な仕事が評価され、次の仕事につながることをよく理解しているからです。

一方、ミスばかりする人はよく確認しないため、どうしてもミスが多くなる傾向にあります。

2.思考回路

ミスばかりする人は失敗をネガティブに捉え、負の感情に陥りがちです。一方、ミスが少ない人は失敗をポジティブに受け取ります。

失敗を「チャンス」と捉えるなど前向きに考えられるのは、ミスが少ない人の特徴と言えるでしょう。

ミスが少ない人は同じ過ちを繰り返さないために、以下のような思考回路で仕事に取り組んでいます。

【ミスが少ない人の思考回路】

  1. 反省する
  2. 原因を分析する
  3. 具体的な解決策を考える
  4. 実践する
  5. ミスが減る(失敗したら1に戻る)

ミスが少ない人は、ミスを減らすために対処を続けているため、自分なりのミスの減らし方を見つけ出しているのです。

3.整理整頓

整理整頓が得意か不得意かで、ミスの頻度は変わる傾向にあります。ミスが少ない人は、こまめにデスク周りを整理整頓していることが多いです。

デスク周りを常に整理整頓しておけば、どこに何があるかを把握しているため、ミスをすることが少なくなります。

というのは、どこに何の資料をしまっているのか、次の会議で必要なファイルはどこにあるのかなどを把握でき、業務を円滑に遂行できるからです。

仕事でミスしてしまったときの対処法

仕事でミスをして土下座をして誤る男性

では、仕事でミスしてしまったときは、どのように対処すればいいのでしょうか?

ここでは、すぐに実行できる対処法を紹介します。

【仕事でミスしてしまったときの対処法】

  1. すぐに謝罪する
  2. 具体的な解決策を伝える

対処法を理解しておけば、仕事のミスを起こしたときに焦ることはありません。ぜひ参考にしてください。

1.すぐに謝罪する

ミスしてしまったら、まずは謝罪することが重要です。すぐに謝れる人と謝れない人では、大きな差が生まれます

相手は、反省せず謝らない人に対して、「指導しよう」という気持ちにはなりません。一方、すぐ謝罪する人に対しては、「サポートしてあげよう」という気持ちになる可能性が高いです。

したがって、すぐに謝罪することができれば、そのミスを帳消しにすることもできることもあります。

2.具体的な解決策を伝える

ミスしてしまったとき、謝罪したら終わりではなく、具体的な解決策を伝えるようにしてください。謝罪のみでは、「謝れば済むと思っている人」と、あらぬ誤解を招くおそれがあるからです。

また、上司など職場の人にとっては、ミスの原因や解決策のほうが大事です。自分が犯したミスの原因を探り、再発防止のためにどのような対策を打っていくのか、明確に伝えましょう。

ただし、言い訳はしないようにしてください。火に油を注ぎ、余計に怒られてしまう可能性があります。

仕事でミスばかり繰り返さない3つの秘訣とは?

ミスをしない3つの秘訣

ここでは、「具体的な解決策」に繋がる、仕事でミスばかり繰り返さない3つの秘訣を紹介します。

【3つの秘訣】

  1. ミスのパターンを把握する
  2. 自己流のチェックリストを作成する
  3. わからないことは相談&質問する

この3つの秘訣を実践することで、ミスを繰り返さない自分へと成長できます。それでは、一つずつ見ていきましょう。

1.ミスのパターンを把握する

ミスのパターンを把握すれば、具体的な解決策を見つけられます。まずは、以下の項目を洗い出して、ミスの原因を細かく分析してみましょう。

【ミスのパターンを把握するために必要な項目】

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • 誰が(Who)
  • 何を(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

上記の「5W1H」を意識すると、ミスのパターンが明確に見えてきます。あらかじめ対策をすることができるようになるため、ミスの再発を防止することが可能です。

2.自己流のチェックリストを作成する

自己流のチェックリストは、ミスを防ぐだけでなく、業務の効率化も図れます

仕事でミスしやすいポイントをチェックリストに可視化すれば、業務をうっかり忘れることはありません。

また、自分でチェックリストを作成するため、仕事内容が頭にスッと入ってきます。自分が作業しやすい手順を記入するなど、さまざまな工夫をしてみてはいかがでしょうか。

3.わからないことは相談&質問する

ミスばかりしてしまう原因がわからないなら、周りに相談・質問するのが一番手っ取り早いです。

相談や質問をするのは勇気が必要ですが、相談や質問をせずに原因がわからないままでは、状況は変わりません。

経験値の高い上司や、自分の苦手分野をカバーしてくれる同僚に、ときには頼ってみてください。

ミスばかりで心が落ち込むときの対処法

ミスばかりで落ち込んだ心

ここまで、仕事でミスばかりしてしまうときの対処法を紹介してきました。

最後は、ミスによって心が落ち込んだときの対処法を紹介します。

【4つの対処法】

  1. 考え方を変える
  2. 得意分野でカバーする
  3. プライベートで思い切りリフレッシュする
  4. 転職の道も考慮する

上記の対処法を参考に、気持ちをうまく立て直してみましょう。

1.考え方を変える

ミスばかりだと、後ろ向きな考えになりやすいです。まずは、マイナス思考ではなくプラス思考になるよう意識してみましょう。

例えば、「この世に失敗しない人はいない」「ミスに気づかないよりはマシだ」といった具合です。

前向きな考え方は、心を切り替えるには最適な対処法と言えます。

2.得意分野でカバーする

苦手分野は、なかなか克服することは難しいです。そこで一度、自分が苦手な業務を、得意としている同僚にお願いしてみてはいかがでしょうか。

その代わりに自分が得意とする業務を、進んで引き受けましょう。それぞれが足りない部分を補い合えば、職場全体のミスを防ぐだけでなく、効率よく業務を遂行できるはずです。

3.プライベートで思い切りリフレッシュする

プライベートでも仕事のことを考えていては、心は落ち込む一方です。

プライベートでは好きなことに没頭し、仕事のことは忘れましょう。映画、ゲーム、ショッピング、グルメなど、自分が楽しいと思える趣味を楽しみ、リフレッシュすることをおすすめします

また、運動もストレス発散効果があるため、リフレッシュすることが可能です。

4.転職の道も考慮する

原因を探り、具体的な対策を打ってもミスを繰り返してしまう人は、今の仕事が合っていない可能性があります。

自分の能力を発揮できる仕事に転職すれば、ミスを減らして、ストレスを軽減できるでしょう。

適性を考慮して、自分にピッタリな転職先を見つけてくれる「転職エージェント」を利用するのも一つの手です。

まとめ

仕事でミスをしないポイントのまとめ

本記事では、仕事でミスばかりする人の特徴をはじめ、原因落ち込むときの対処法を紹介しました。

仕事でミスばかりすることを防ぐためには、ミスの原因を突き止めて、具体的な解決策を考えることが大切です。しかし、どれだけ対処してもミスばかりしてしまうなら、仕事が合っていない可能性もあります

ミスを繰り返す自分に嫌気が差している方は、転職の道を考えてみてください。転職を考える際には、キャリドラへの相談を検討してみませんか。キャリドラは転職を始め、キャリアにまつわる相談やサポートを行っています。

本記事を参考に、仕事でミスばかりする自分を卒業しましょう。

\ 転職 ✖ 年収アップ /

キャリドラは、あなたの市場価値を高め『転職 ✖ 年収UP』をサポートします!

  1. 仕事はこのままでいいか不安
  2. 現状の年収では将来が心配
  3. 転職したいが自分の市場価値が分からず悩んでいる

下記に当てはまる方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる