【稼ぎたい人向け】給料が少ないときにすべきこと|高低収入の業界10選も紹介

【給料 少ない】

本記事は、「給料が少ないことで悩んでいる…」「今よりもっと稼ぎたい!」という方にピッタリです。給料が少ないと、自分の将来に不安を感じて、焦ってしまう方も多いのではないでしょうか。

本記事では、高低収入の業界10選や、給料が少ないときにすべき具体的な対処法を紹介します。

今より稼いで、好きなことをたくさんしたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

給料が少ないと感じるのはどうして?3つの理由

給料が少ないと感じる謎

そもそも、なぜ給料が少ないと感じるのでしょうか?

まずは、給料が少ないと感じる3つの理由を紹介します。

【給料が少ないと感じる3つの理由】

  1. 仕事量と給料が割に合っていない
  2. 時給換算すると想像以上に給料が低い
  3. 残業代をもらえない

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

1.仕事量と給料が割に合っていない

仕事量と給料が割に合っていないと、「安月給だな…」と感じやすいです。

例えば、あれこれ仕事を任されている場合や、誰よりも大きな業績を上げた場合などが挙げられます。

固定給の場合、どれだけ熱心に頑張っても給料アップが望めないため、不満を覚えるでしょう。

2.時給換算すると想像以上に給料が低い

給料を時給換算して、アルバイトした方が稼げると発覚した場合、安月給と感じる傾向にあります。

月給20万円だとしても、正社員は社会保険や企業年金などが天引きされるため、手取りが少なくなります。一方、アルバイトであれば天引きされる要素が少なく、頑張った分だけ稼ぐことが可能です。

このように、アルバイトより収入が少ないと、「正社員を選んだ意義」がわからなくなる恐れがあります。

3.残業代をもらえない

終業時間が過ぎていても働かされる「ブラック企業」に勤めている方は、残業代をもらえないことから、給料が少ないと感じます。

「もし残業代をもらっていたら…」と考え、理想と現実の給料の差に落胆してしまいます。

残業が多いにもかかわらず、残業代をもらえないなら、給料が少ないと感じて当然と言えるでしょう。

今さら聞けない?日本の平均的な給料

給与袋と電卓と小銭

自分の給料が、世間一般的に高いのか低いのか、把握している方はどのくらいいるでしょうか。国税庁の調べによると、日本の平均的な給料は「約39万円」と言われています。

ここからは、業界と年齢別の給料をピックアップして紹介します。自分の給料と比較しながら、参考にしてください。

業界別の給料

以下は、業界別の平均給料をまとめた表です。

業界平均給料(小数点第一位切り上げ)
化学工業47万円
金融保険・不動産業47万円
運輸・通信・公益事業46万円
金属機械工業45万円
建設業41万円
サービス業36万円
卸小売業34万円
繊維工業29万円
農林水産・鉱業25万円
その他(製造業)37万円

参照:国税庁

年齢別の給料

以下は、年齢別の平均給料をまとめた表です。

年齢平均給料(小数点第一位切り上げ)
19歳以下13万円
20〜24歳24万円
25〜29歳31万円
30〜34歳38万円
35〜39歳42万円
40〜44歳43万円
45〜49歳45万円
50〜54歳47万円
55〜59歳46万円
60歳以上34万円

参考:国税庁

給料が安い職種10選

低賃金で働く男性のイメージ

日本の平均的な給料を理解したところで、次はさらに詳しく、安月給の職種10選を紹介します。

以下の給料が安い職種10選は、2022年最新版の情報です。

職種平均給料(小数点第一位切り上げ)
家電量販店39万円
旅行会社40万円
警備業界40万円
ブライダル業41万円
飲食業42万円
ビルメンテナンス業42万円
小売業42万円
アパレル業界43万円
介護業界43万円
人材紹介・派遣業43万円

参考:年収ランキング

給料が高い職種10選

給与が高いイメージ

反対に、給料が高い職種にはどのようなものが挙げられるでしょうか。

ここでは2022年最新版の、月給の高い職種10選を紹介します。

職種平均給料(小数点第一位切り上げ)
テレビ局90万円
鉱業68万円
保険業68万円
海運業68万円
証券・商品先物取引業66万円
石油・石炭製品65万円
飲料メーカー業64万円
医薬品64万円
自動車メーカー61万円
建設業59万円

参考:年収ランキング

【対処法】給料が少ないときにすべきこと

給料が少ないときにすべき|5つの対処法

ここまで、高低収入の職種をそれぞれ10選紹介しました。

ここからは、給料が少ない現状を打破したい方に向けて、とるべき対処法を紹介します。

上記の対処法を実践すれば、給料アップも夢ではありません。自分に合う対処法を探してみてください。

1.スキルを磨く

スキルを磨くことは、今すぐ実践できる対処法です。

企業によっては、「資格手当」を設けている場合があります。そのため、コツコツ勉強して該当する資格を取得すれば、給料アップが期待できます。

また、資格取得をサポートしてくれる会社も多いです。自分の会社にある制度を今一度確認して、興味のある資格があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

2.給料アップを交渉する

上司や幹部に直接、給料アップを交渉する方法もあります。ただし、「給料を上げてください」と言うだけでは、現実的ではありません

期待以上の仕事ができると主張するために、証拠を用意しましょう。実現性の高い業務改善案や大きな利益を上げた業務実績を元にアピールすれば、給料を上げてくれる可能性があります。

3.節約する

給料が少ないときの間接的な対処法として、節約が挙げられます。

節約するメリットは、自分の資金をすぐに増やせる即効性です。まずは、家賃や携帯電話代などの「固定費」を見直しましょう。

引越しや携帯電話のプラン変更によって、固定費をグッと抑えられる可能性が高いです。

また、無駄遣いが多く浪費しがちな方は、家計簿をつけると支出と収入が可視化されるため、節約に効果的です。

4.副業に挑戦する

副業に挑戦して収入の柱を増やすことで、給料をアップできます。

副業は、通勤時間や空いている休日を有効的に活用でき、チャレンジしやすい仕事が多いため、おすすめです。

以下に主な副業を3つのタイプに分け、まとめました。興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

タイプ特徴
ネット系在宅メインが多いさまざまな仕事があるアンケートモニターライブチャット
投資系短時間で稼げる可能性がある事前に投資する資産が必要株式投資暗号資産
労働系収入がアップする確実性がある疲れから本業に支障が出る恐れがある覆面調査官代行業

参考:100種類以上の副業をわかりやすく3つに分類!おすすめ15選

近年、「副業OK」の会社が増えつつあります。会社のルールで副業が許可されているのか、確認してみましょう。

5.転職する

あらゆる対処法を試しても給料アップが見込めないなら、転職するのも一つの手です。

本記事で紹介した「給料が高い職種」を参考にしつつ、自分の能力やスキルを存分に発揮できる会社を探してみましょう。

自分の条件に合った会社へ転職すれば、給料アップだけでなく、良好な人間関係を築けたり出世や昇格のチャンスに恵まれたりする可能性があります。

「給料が安い…」モチベーションを上げる方法とは

モチベーションが上がっている人

給料が安いと感じている中で、モチベーションを上げる方法はありません。仕事をする中でモチベーションを上げられるのは、下記の場合に限るでしょう。

【モチベーションを上げられる場合】

  • 好きな仕事
  • やりがいを感じる仕事

好きな仕事ややりがいを感じる仕事であれば、給料が少なくても充実感があるため、モチベーションを上げられる可能性があります。

しかし、上記に当てはまらない場合は、給料が少ないことに悩まされ続けます。なぜなら、給料アップが見込めないまま仕事をしていても、なかなかモチベーションは上がらないからです。

給料を底上げすれば、自由に使えるお金が増えて、幸福度アップに繋がります。そのためには、今より給料が高い会社に転職するのが近道になります。

まとめ

給料が低いときにとるべき手段のまとめ

本記事では、給料が少ないと感じる理由をはじめ、高低収入の業界10選対処法を紹介しました。給料が少ないときにすべき対処法は、以下の通りです。

【給料が少ないときにすべき|5つの対処法】

  1. スキルを磨く
  2. 給料アップを交渉する
  3. 節約する
  4. 副業に挑戦する
  5. 転職する

「資格を取得するのは時間がかかる」「給料アップの交渉はしづらい…」などと、対処法の実践に抵抗がある方は、転職を検討してみてください。

転職を考える際は、キャリドラに相談してみましょう。転職サポートだけでなく、あなたに合った働き方キャリアアップを見つけるサポートを行ってくれます。

今より稼ぎたい方は、ぜひ本記事を参考にして、新しい人生の第一歩を踏み出してみましょう。

\ 転職 ✖ 年収アップ /

キャリドラは、あなたの市場価値を高め『転職 ✖ 年収UP』をサポートします!

  1. 仕事はこのままでいいか不安
  2. 現状の年収では将来が心配
  3. 転職したいが自分の市場価値が分からず悩んでいる

下記に当てはまる方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる