後悔から立ち立ち直る方法とは|6つの後悔しやすいケースもご紹介

人生に後悔アイキャッチ

「どうしてあの時、あんな事をしてしまったんだろう」、「あの時こうしておけば良かったのに」など、人生の中で後悔した経験を持つ人は少なくありません。

中には、後悔の念から立ち直りたい、これから先は後悔しないように生きたいと考える方もいるでしょう。

この記事では、後悔から立ち直る方法や多くの人が「人生の後悔」と感じやすい6つのパターンを紹介します。

目次

後悔からの立ち直り方3選をご紹介

後悔を断ち切った男性

ここからは、過去の失敗をもう後悔したくないという方へ、後悔から立ち直る3つの方法を順を追って紹介します。

  1. 過去の失敗や後悔をいつまでも引きずらない
  2. 後悔の原因を探し、間違いはしっかり正す
  3. できなかった事を後悔しているなら、再度チャレンジしてみる

①過去の失敗や後悔をいつまでも引きずらない

まずは、過去の後悔や失敗をきちんと受け入れることが大切です。過去を否定するのは更なる後悔にも繋がり、悩んでいる時間が余計に長引いてしまうためです。

過ぎた時間を戻せないように、起こってしまった過去の失敗を阻止したり、成功に変える事は不可能です。そのため、「あの時こうしていれば」といつまでも悔いているのは、厳しい言い方かもしれまませんが、時間の無駄にも繋がりかねません。

よって、まずは過去を後悔し続けるのを一度控え、「その過去を踏まえた上でこれからどうするか」を考え始めてみましょう。未来への行動のために考える事が、後悔から立ち直るための第一歩となります。

②後悔の原因を探し、間違いはしっかり正す

「後悔から立ち直る」と決意したら、次に後悔している事について深掘りし、何が間違っていたのか、その原因を探りましょう

「〇〇について後悔している」と自覚していても、具体的にどの部分が後悔の中心となっているのかは曖昧な場合があります。自分の後悔を見直し明確な原因が分かれば、次にどう行動すべきかが見えてきます。

例えば、「転職をしなかったことを後悔」と思っていても、その原因は人それぞれです。以下は、考えられる具体的な原因です。

  • 今の会社で働くのが嫌になった
  • もっと自由な働き方がしたい
  • 他に興味のある仕事があった など

このように、1つの後悔に対してその原因は幅広いものです。自分が後悔している原因をきちんと洗い出さないまま転職など行動を始めても、どんな会社、どんな仕事、どんな働き方が実現できれば後悔から解放されるのかが不明瞭になってしまい、行動の軸もぶれやすくなります。結果、せっかく行動しても、また同じような後悔に繋がりかねないのです。

そのため、もしも後悔している事柄に対して行動を起こすのであれば、何が原因なのか、何が間違いだったと思っているのかを見つけましょう。そうすることで、後悔から立ち直るため、今後後悔しないための軸や目標を立てやすくなります。

③できなかった事を後悔しているなら、再度チャレンジしてみる

後悔の原因を見つけたら、その原因を解消するために行動しましょう。特に、「興味があった、もしくはすべきだったのにできなかった」と後悔しているならば、再度挑戦する事で後悔から立ち直るきっかけになります。

例えば、大切な人を傷つけてしまった事を後悔しているならばきちんと謝る、恋愛や結婚をしたいと今思っているならば、出会いを求めて行動するのもよいでしょう。そして、やりたかった事や将来の夢、興味のある仕事があるのならば、再び挑戦するのも勿論効果的です。

必ず何かに挑戦しなければならないという訳ではありませんが、「〇〇をしておけば良かった」という後悔は時間の経過では癒えにくいものです。新しい挑戦を始める事で、過去の後悔が解消される可能性は高くなります。

人生の後悔になりやすい6つのケース

顔を覆って後悔している男性

次に、人生を振り返った時に「後悔している」と感じやすい6つのケースを見ていきましょう。

  1. 大切な人を傷つけてしまった
  2. 時間・お金を無駄遣いした
  3. 転職しなかった
  4. 失敗や悪い習慣を正さなかった
  5. 恋愛や結婚をしなかった
  6. 自分のやりたい事をやらなかった

①大切な人を傷つけてしまった

両親や友人、恋人など、人によって「大切な人」は様々でしょう。そんな彼らを傷つけてしまった過去の出来事は、後悔として残りやすくなります。

酷い言葉を言ってしまった、裏切ってしまった、もしくはしてあげられなかったなど、相手が悲しむような事をしたり相手と満足に向きあわなかったと感じたりする場合、強い罪悪感を抱く事があります。

誰かを傷つけてしまった記憶は、関係性や当時の相手の反応、その時の罪悪感も相まって強く脳内に残りやすいものです。そのため、人生の後悔と感じる人は多いでしょう。

②時間・お金を無駄遣いした

時間やお金を無駄遣いした経験も、年齢を重ねる中で後悔になりやすい事柄です。時間やお金は、その瞬間だけでなく将来にも大きく影響するためです。

例えば、だらだらと何年も日々を過ごしてしまった、余計な物事に対してお金を使い過ぎてしまった場合、後から「時間やお金が無駄になった」と感じてしまうものです。

お金はともかく、時間は取り戻す事ができません。そのため、「あの時こうしておけば」という後悔が強く残りやすいのです。

③転職しなかった

長期間同じ職場で働き続けながら、「転職しておけばよかった」と後悔する人も少なくありません。現在の職場に不満があったり、年齢の関係でもう転職が厳しいと感じている場合は、その後悔はより強いものとなります。

仕事内容や給与、身に付けられるスキルなど、仕事によって取り組める事や得られるものは様々です。昔は「転職しない方が安定」と思い働き続けていたとしても、時間が経っても同じ考えでいるとは限りません。

現在のキャリアや給与等に満足していない、他に挑戦したい仕事があったのならば余計に、「あの時転職しておけば、今よりもっと活躍できていたかもしれない」と後悔しやすくなるのです。

④失敗や悪い習慣を正さなかった

失敗の挽回や悪い習慣を正す事は、一筋縄ではいかない事も多いため、取り組むには覚悟が必要です。ただ、覚悟が無いからと言って失敗や悪習慣を放置するのも、人生の後悔に繋がってしまう場合があります。

仕事でのミス、不規則な生活などは、改善するのは難しい上、時に達成するまでに時間がかかってしまうケースも多いためつい億劫に感じて後回しにしてしまう場合もあるでしょう。ただ、そのまま放置してしまうと、仕事に大きく影響したり、健康に支障をきたしたりと様々なリスクが存在します。

そのようなリスクを負ってから、「きちんと改善しておけばよかった」と後悔し始める人も少なくないため注意が必要です。

⑤恋愛や結婚をしなかった

若い頃は恋愛や結婚に興味が無くても、年齢を重ねてから初めて興味を持ち向き合う人もいるかもしれません。中には、その時に「もっと若いうちから恋愛や結婚に興味を持っていれば」と後悔してしまう人がいます。

恋愛や結婚に年齢は関係ありません。しかし、自身の思い込みや周囲の情報から「年を取ってしまったらもう恋愛や結婚はできない」と考える人は少なくありません。

その結果、もう恋愛、結婚ができる年齢を過ぎてしまったという思いを、そのまま人生の後悔に繋げてしまうケースがあるのです。

⑥自分のやりたい事をやらなかった

将来の目標や夢、やりたい事などがあっても、リスクを考えて取り組まないという選択をする人もいるでしょう。彼らの中には、後になってから「やりたい事をやっておけばよかった」と悔やむ人もいるのです。

転職や起業、独立といった大きな目標から、気になるスポーツを始めるか、趣味のサークルに入るかどうかなど、人によってやりたい事は色々と異なります。

興味を持ちつつも実行するという選択肢を選ばなかった事が、将来的に「やっておけばよかった」という後悔を生む可能性があるのです。

過去は変えられなくても、未来はこれからの行動次第で変えられる

明るい未来を示唆する置物

大切なのは、【何が後悔の原因なのかしっかり向き合う事】、そして【後悔から立ち直るためには、自分の意思考えに基づいた行動をする事】です。

先ほども説明したように、過去の後悔の原因から目を逸らし、自分が何をしたいのかがはっきりしていなければ、例え行動したとしても目標が定まらず、着地点を見誤りまた新たな後悔を抱きかねません。

また、行動する、しないいずれにしても、必ず自分で考えて決断しましょう。行動するにあたって、誰かに相談したり情報を集めるのは重要です。しかし、情報や誰かの言葉に流されて決断してしまっては、仮に自分の思う結果にならなかった時「言う事を聞くんじゃなかった」という別の後悔が生まれてしまいます。

よって、後悔から立ち直り今後も後悔しない生き方を目指すためには、しっかり自身と向き合い、自分の意思で決断する力を身に付ける必要があるのです。どちらも人によって習得に時間がかかるかもしれないスキルですが、後悔しない未来を作る大きな第一歩になります。

まとめ

今回は、人生の後悔と立ち直るための方法について紹介しました。後悔の中で自分を見つめ続ける事は大切ですが、いつまでも悩み続けるのは却って辛くなってしまう可能性があります。

誰しも長い人生の中で後悔の思いを抱く経験はありますが、そこから如何に立ち直るか、行動するかによってその後の未来は大きく変わります。そのため、もし「もう後悔したくない」と思うのであれば、行動に移す事が重要なのです。

そして、もし「転職をしなかったこと」を後悔している方は、一度キャリドラに相談してみませんか。キャリドラは、転職だけでなくキャリアアップのサポートも行っています。今からでも自分の理想のキャリアを目指したいという方は、ぜひ利用してみましょう。

\ 転職 ✖ 年収アップ /

キャリドラは、あなたの市場価値を高め『転職 ✖ 年収UP』をサポートします!

  1. 仕事はこのままでいいか不安
  2. 現状の年収では将来が心配
  3. 転職したいが自分の市場価値が分からず悩んでいる

下記に当てはまる方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる