仕事は適当でもいいのか?手を抜いても仕事ができる人の5つの特徴も解説

仕事は適当でもいいのかのアイキャッチ

「仕事は、適当でもいいの?」

「仕事の手を抜いているのに、評価される方法は?」

真面目に働いているのに、仕事の手を抜いている人の方が評価されていることもあるでしょう。仕事を無理に頑張り過ぎても、ストレスを感じてしまい、仕事を続けることが苦痛となってしまいます。

仕事の上手い手の抜き方を知っていれば、仕事でも評価され、精神的にも楽になるでしょう。

今回は、仕事は適当でもいいのかについて、手を抜いても仕事ができる人の特徴を紹介します。

目次

仕事は適当でもいいのか? 

携帯で何かをチェックしている

結論から言って、仕事は適当でいい場合もあります

しかし、適当でいい部分と適当ではダメな部分があることを理解しましょう。仕事をすべて適当にしてしまい、ミスばかりで周りの人に迷惑をかけてしまっては大変です。

仕事の手を抜いても仕事ができると評価されている人の特徴から、「適当さ」の塩梅を理解しましょう。

仕事が適当でもいい5つの理由

仕事が適当でもいい理由は、以下の5つあります。それぞれ紹介していきましょう。

適当でいい

①ストレスがたまらない

仕事には、人間関係も含め様々なストレスがあります。真面目に仕事をするとストレスを大きく感じ、常にイライラしている状況になってしまうこともあるでしょう。

仕事との向き合い方に、ある程度適当さを取り入れて距離を置くことで、ストレスを感じることが少なくなります。

②完璧主義だと仕事が進みにくい

完璧主義だと、周りの人に迷惑をかけてはいけないと責任感が強い傾向にあります。周りの人に頼ることができないため、自分一人で仕事を進めると時間がかかってしまうのです。

失敗をしてしまった時も、抱え込みすぎてしまうこともあるでしょう。「自分はこれをやっているから、この業務はあの人に任せよう」と、少し適当になり、周りの人に仕事を任せると、仕事も早く進みます。

③コミュニケーションが取りやすく、働きやすい人と思われる

仕事を真面目にやって、周りとコミュニケーションを取らずにいる人よりも、仕事以外の話もして手を抜いている、コミュニケーションが取りやすい人の方が、周りからは働きやすいと思われます。

仕事をすることも大切ですが、職場での人間関係を築くことも、仕事を進めていく上では大切なことです。

④成果を出すことで評価される

仕事では、仕事の過程よりも成果を出すことで評価されます。どんなに真面目に仕事をしていても、成果を出さなければ評価されることは難しいでしょう。

適当に効率よく仕事をして、成果出す人の方が評価されます。仕事が適当で、さらに成果も出せなければ、その「適当」は間違った適当さと言えるでしょう。

⑤効率的に成果が出るやり方が見つかる可能性がある

仕事をする上で大切なことは、どれだけ効率的に成果に繋げられるかです。真面目な人は、マニュアル通りにコツコツと作業を行います。

しかし、仕事を適当にやる人「どうすれば効率的に成果を出せるのか」を考えます。マニュアル以外の効率の良いやり方を、見つけやすいと言えるでしょう。

手を抜いても仕事ができる人の5つの特徴

男性社員に指摘をされる女性

手を抜いても仕事ができる人の特徴は、以下の5つです。それぞれ紹介していきましょう。

  1. 余裕のあるスケジュールで仕事している
  2. 休憩の取り方が上手い
  3. 自分の仕事は何かをわかっている
  4. 他の人に仕事を任せる
  5. ミスがあっても前向き

①余裕のあるスケジュールで仕事している

仕事のスケジュールを立てる時に、詰め込み過ぎず余裕があるような計画を立てます。余裕があれば、気持ちにも余裕が生れて仕事を効率的にすることができます。

ある程度の適当さを取り入れてスケジュールを組むことで、無理なく仕事をすることができるのです。

②休憩の取り方が上手い

集中力は、長時間続くものではありません。しかし、真面目な人は「休憩をあまり取ることは、良くないことだ」と捉えてしまい、集中力が切れても仕事を続けます。

仕事が適当な人は、集中力が切れたら「今、仕事をしても集中力が切れているから休憩しよう」と考えます。気分転換の仕方が上手いので、再び集中して仕事に取り組むことができるのです。

③自分の仕事は何かをわかっている

仕事が適当な人は、「ここまでが自分の仕事で、ここからは他の人の仕事」ということがわかっています。

自分の担当の仕事はこなしますが、自分がするべき仕事ではない場合は手をつけません。自分の担当の仕事をこなして、成果を出せば評価を得ることができるのです。

④他の人に仕事を任せる

仕事の内容が、自分では対応できない分野だと、わかったらすぐに他の人に仕事を任せます。真面目に、「任された仕事は自分でどうにかしよう」と思って、時間が経過してから「やっぱり、できません」と言うよりは、すぐに周りに任せて仕事を終わらせる方が、効率的です。

⑤ミスがあっても前向き

仕事が適当であっても成果を出している人は、ミスをしても前向きな姿勢でいます。「仕事でのミスは、誰でもある」と軽く考えて、良い意味で適当な姿勢でいるのです。落ち込むこともなく次の仕事を焦ることもなく進めることができます。

仕事を適当にする時に守るべきポイント

仕事を適当にする時に守るべきポイントは、以下の4つです。それぞれ紹介していきましょう。

適当でいい2

①納期は必ず守る

納期は必ず守るようにしましょう。納期を適当にしてしまうと、会社での信用を失ってしまいます

仕事が適当でも、成果を出せる人は必ず納期を守っているのです。適当に仕事をするとしても、納期に関しては注意が必要でしょう。

②他の人には迷惑をかけない

仕事を自分のやり方でやり、適当に仕事をしている人でも、他の人に迷惑をかけるようなことはしていません。適当に仕事をすることによって、他の人に迷惑がかかっているのであれば、それは適当にしてはいけないことです。

仕事の手を抜く時に、「これは、周りの人には迷惑をかけないことか?」を考えるようにしましょう。

③やる気がない態度はしない

仕事の愚痴を言い過ぎないようにしましょう。ネガティブなことばかりを言っていると、周りにやる気がないと思われてしまいます

自分の評価を下げてしまうことや、人間関係が悪くなってしまうこともあるでしょう。

仕事は手を抜いても、前向きな姿勢でいるようにしましょう。

④優先順位をつけて仕事をする

仕事に優先順位をつけなければ、効率的に仕事を終わらせることができません。仕事に手を抜いて業務が遅ければ、成果も出せず評価を得ることもできないでしょう。

納期が近い仕事から終わらせていくなど優先順位を明確にして、業務を行うようにします。

まとめ

気楽に仕事をする男性

今回は、仕事は適当でもいいのかについて、手を抜いても仕事ができる人の特徴を紹介しました。

仕事は、適当でもいいですが、適当でいい部分と適当ではダメな部分があります。効率的に仕事を終わらせ成果を得られるのであれば、仕事の過程を適当にすることも良いでしょう。しかし、周りの人に迷惑をかけるような仕事の適当さは、周りからの評価を失ってしまいます

今の仕事に対して、悩みがあり転職を検討している方は、無料カウンセリングを行っているキャリドラへ相談してみてください。キャリドラでは、転職やキャリアアップのサポートを手厚く行っています。

\ 転職 ✖ 年収アップ /

キャリドラは、あなたの市場価値を高め『転職 ✖ 年収UP』をサポートします!

  1. 仕事はこのままでいいか不安
  2. 現状の年収では将来が心配
  3. 転職したいが自分の市場価値が分からず悩んでいる

下記に当てはまる方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる