転職することがゴールではない。
稼げる、成功するキャリア形成のために。

キャリアの多様化が進む今、「本当にしたい仕事」や「自分に何が合っているか」を明確に答えられる人は一握りで、わからない人がほとんどです。自分はどのようなキャリアを歩むべきか分からない、それは金銭的・実力的にできることが少なく、数ある選択肢の中で一部しか知ることができないから。少ない選択肢の中で「やりたいこと」を見つけるのはとても難しいのです。
だからこそ、今必要なのは将来を見据えたキャリアを描けるようになること。
キャリアは何も転職だけではありません。今いる会社にいることが良いか、転職した方がいいか、短期・長期的な視点で捉えて、どんな人生を歩むことが自分らしいのか。プロの講師が個人の人生・キャリア形成に本気で寄り添うのがキャリドラです。

キャリドラの
パーソナルトレーニング

好きなことよりキャリアの可能性
広げること

キャリアの可能性を広げるには
過程が必要です

まずは「選択肢を広げる」ことに力を注ぎ、結果としてさまざまな経験ができたり、色々な人と交流を持つことで、自分自身のキャリアや知見の幅が広がり、本来の自分の得意とすることや、本当にやりたいことを見つけ実行へ繋げます。自分も、周りも、時代も、社会も、世界も変わっていく中で、短期的な今だけの漠然とした「なんか違う、この仕事ではない。」で仕事を選んだり、転職するのではなく自分の可能性を広げる、選択肢を広げるキャリアを選択することが重要です。

市場価値を高めるって?

選択肢を広げるためには、自分の市場価値を高める必要があります。市場価値が高い人材になれば、多くの会社から必要とされ、様々な仕事に挑戦できるようになります。またお給料も上がるので、お金と時間の余裕が手に入ります。
つまり市場価値を上げ、稼げるキャリアを選び、選択肢と可能性を広げていくことは、あなたが本当に生きたい人生を手に入れるための最高の近道です。 ”まだ”本当にやりたいことがわからない今こそ、本当にやるべきことは選択肢を増やすこと。市場価値の高い人材となることで、たくさん選べる状態にしておくことが重要です。キャリドラは市場価値を上げて稼ぐことを目的にキャリアのパーソナルトレーニングを行っています。

キャリドラの強化メソッド

VUCA時代に適した、
コーチングメソッドを。

VUCA(ブーカ)」とは、ビジネス環境や市場、組織、個人などあらゆるものを取り巻く環境が変化し、
将来の予測が困難になっている状況を意味する造語
のこと。
現代社会はまさに「VUCA時代」と言っても
過言ではありません。
このVUCAのフレームワークを分析して課題を明確化。
変化に強い「OODAループ」を回すことで修習効果の長期最大化を目指します。

VUCAフレームワークに当てはめて課題を明確化

講師が主体のもと受講生の育成を実行していた
「PDCAサイクル」と違い、
「OODAループ」に沿うことで、
受講生が主体のもと講師が受講生の
気付き・行動を支援する仕組み。

修習効果の長期最大化に成功する
6つの要素

キャリドラ主催者メッセージ

主催者:川上 権崇郎

主催者の経歴:
2018年 新潟大学卒業
2019年 LINE株式会社入社
2021年 株式会社カメレオン参画

誰しも最高の人生を送りたいと思っています。
それを実現する為にはキャリアの選択肢を増やし最良の選択をする事で実現します。現代社会において人生の選択肢を増やすためには、自分自身の市場価値を高め、お金を十分に稼げるチカラを身に付ける必要があります。
しかしながら年収が上がらず自分の理想のキャリアから遠く、毎日一人で悩み苦しんでいる人も多くいます。
キャリアアップを実現し年収を上げる為にはキャリアマップ(地図)、キャリアコンパス(方向)、キャリアパッション(情熱)を手に入れる必要があります。
地図を持ち、目指すべき方向を把握し、歩み続ける情熱があれば、どんな夢も叶います。
しかしそれを一人で実現させる事は非常に困難な為、多くの人は可能性を捨て諦めてしまいます。
私たちは、そんな理想の自分を目指すお客様や夢を諦めたくないお客様一人一人と共に、キャリアの地図を開き、理想の目的地を定め、お客様と情熱を共有しながら誰より本気で毎日向き合っています。